アデレード滞在2週目を振り返ってみる

どーも、かとまさです。

先日、東京も10度台後半の最高気温になったと聞いて、寒さから逃げるためにアデレードに来たのにー!と少し悔しくなりました笑

そんなアデレードは今週は最高気温25度あたりを推移していましたが、来週からは最高気温が35度以上の日々が続くらしいので、それもそれでキツイなと覚悟してます。

さて、アデレードに着いて2週目が終わりますが、先週に引き続いて今週も1週間を振り返ってみたいと思います!

【アデレード週ごとの振り返り記事はこちら】
1週目の振り返り
→2週目の振り返り(今ココ!)
3週目の振り返り
4週目の振り返り
5週目の振り返り

スポンサーリンク

ドルフィンクルーズは運次第…

2/17(日)はホストファミリーにドルフィンクルーズに連れて行ってもらいました。

乗船場所は市内から車で20分ほどのポートアデレード

Dolphin Explorerというクルーズ船で約2時間のドルフィンクルーズに出航します。料金はAUD10ですが、クルーズ中の料理等をつけるとAUD20ぐらいになります。

クルーズ中は船内放送でイルカなどの位置を教えてくれます。僕の場合、出航直後にあちこちでイルカが登場して、船内放送が流れるたびに子ども連れを中心に人々が右へ左へ移動しまくるという感じでした。

途中から船内も落ち着いてきたので、船内の2階や1階をブラブラしてみました。船自体は3階建てで、最初は3階でみてました。1階や2階の方がすごく近くで見えるので、ブラブラし終えると2階の右前方でイルカの登場を待機しました。

クルーズもそろそろ中盤に差し掛かる頃、前方にイルカが登場…!

運が良かったせいか、めちゃくちゃ船に近づいてきたところを写真に収めることができました!!!

この後にも何匹かイルカが出てきたものの、こんな近くでイルカを見れたのはこの1回だけでした。

ドルフィンクルーズは毎週末と祝日に運行されていて、日によりますが、午前11時30分の便と午後2時の便の1日2便体制です。

ちなみに、この日の午後の便に友人が乗っていたのですが、午前ほどはイルカが見られなかったらしいです。ホストファミリーも言ってましたが、マジで運がよくないと見れないかもです。

アデレード的再開発。

20日(水)には、中心部からトラムで約15分ほどの郊外にあるBowdenというところへ行ってきました。

Bowdenは僕が4年前にアデレードに来た時にも訪れた場所で、マンションなどの再開発が進んでいる地域です。

今回は4年前にも訪れたBowdenの入居者募集などを行なっているBowden Information & Sales Centreに行きました。入ると、中のスタッフさんが英語で開発がどれぐらい進んでいるかなどの説明をしてくれました。

ちなみに開発が終わるまであと6年ぐらいを予定してるらしいですが、多分それより後な気がしてます…(笑)

その後、インフォメーションセンターの向かいにあるPlant 4 Bowdenに行きました。中はフリーマーケットのような感じになっていて、カフェもありました。

これから再開発がますます進むBowden。まだ入居者も募集してるらしいので、興味ある方はぜひ〜

ワインテイスティングの嵐

アデレードはワインの生産でも有名で、近郊にはワイナリーが数多く存在します。地元のアデレード大学でもワインの研究をしているほど、アデレードを代表するものの一つともなっています。

そのアデレード大学にはNational Wine Centre of Australiaという施設が敷地内にあり、この中でワインの研究などが行われています。それに加えて嬉しいのは、ワインバーがあること!

センター内にあるワインバーでは常時120種類ほどのワインがテイスティング可能で、ワインの種類によって変わりますが、25mlは一杯AUD3~4ほど、ワイングラス半分はAUD6~7ほど、ワイングラス一杯はAUD9~10ほどでそれぞれ楽しむことができます。

システムは簡単で、入店時にカードを受け取り、飲みたいワインのサーバーに差し、グラスをスタンバイしてスイッチを押すだけ。支払いは帰る時にカードをレジに渡すと支払いができます。金額が気になっても、サーバーにカードを差すといくら飲んだか分かるので安心です。

週末には郊外のワイナリーにも行きました!次から次に様々な種類のワインをテイスティングできます。赤・ロゼ・白・スパークリングのそれぞれ2種類ずつぐらいを試飲しました。

来週末もホストファミリーにワイナリーが集中しているエリア(バロッサバレー)に連れて行ってもらうので、期待大です!

ステーキもやばい。

西洋の食文化といえば、やっぱステーキですよね!(笑)

オーストラリアと聞いて、aussiebeefを連想する方も多いはず。そこで、Google Mapを駆使し、口コミ高評価のステーキハウスへ行ってきました。

どーーーーーーーーーーーーーーーん!

350gのランプステーキ!

デカイ、厚い、食べ応え最高。付け合わせのマッシュポテトも超多い。

さすがオーストラリアサイズだなと思いました。ソースはワインベースでワインのコクがしっかりと残っていて、濃厚なソースでした。

その3日後にはまた同じ店に…。

Wow!!!

300gのサーロインステーキ!

ランプよりも柔らかくて、日本人好みのステーキって感じです。

こんだけいろんな部位があるともっと試したくなってしまいます…。来週もステーキどれぐらい食べるのだろうか。

別にホームシックではない

週の初めに地元のスーパーへ行くと、こんな見慣れたパッケージが。

伊○園、あなたとこんな所で対面するのですね…。(笑)

ちなみにセール対象になってて、1本AUD1.95になってました。日本円で換算すると140円ぐらいなので、日本のスーパーと比べると少し高めの値段です。

市内中心部にあるセントラルマーケットの中には、日本の食材などを中心に扱ったお店、「Little Tokyo」もあります。

店内にはとても見慣れたパッケージが並んでいました。アイスコーナーには「あずきバー」などもあって、お店のセレクトセンスに感激しました!

また、市内中心部から電車で約15分ぐらいのKilburnという駅の近くにあるショッピングセンターの中にはとんかつ屋さんもあります。

一緒に留学に来ているメンバーに誘われて行ってきました。

ここだけ見ても日本の雰囲気がすごい…。

メニューはとんかつ定食がメインで、ラーメンも3種類ぐらい用意されています。

今回僕はロースかつ定食をトライ!(ヒレカツとロースカツの値段が一緒なのも驚き。AUD12.8でした)

見た目は日本と変わらないクオリティ。しかも、超久しぶりにタイ米じゃない白米と味噌汁に出会うという。

久しぶりの日本食がとんかつとか最高ですよ。味も海外だとは思えないぐらいのとんかつ。

ちなみに、レジの店員さんは現地の人っぽかったんですが、中の厨房でとんかつを作っているのは日本人の方で、僕たちが日本語で喋っているのを聞いて、話しかけてくれました。

日本人が作ってたら、そりゃ味は変わらないよなぁ…。

もしホームシックになって日本食が食べたくなったら、このようなお店をフル活用するのもアリですよ!

2週目も終わりました〜

さて、2週目も終わり、残すは3週間。週末もあと2回しかなくなりました。(最後の週末は帰国するため)

2週目になっても結構話題が尽きないので、毎週このペースで色々書いていくだろうなと思ってます。

一緒に留学来ている仲間にもブログ記事が読まれてるみたいで、書く方も薄々プレッシャーを感じながら、久しぶりのハイペース投稿に自分でも驚いてます(笑)

来週も引き続きアデレード生活をレポートしていきます!

※アデレードに関心がある、留学してみたいと思っている方などで、コメント・質問等があればメール・この記事へのコメントで受け付けています。
メール:masatori.link@gmail.com
お気軽にどうぞー

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*