賢い人って、本をたくさん読んでいる気がする。だから、俺も今年は本を読みたい。

どーも。かとまさです。

日々、友達とか、いろんな社会人の方と話す時に、毎回思うことがあるんです。

「この人って、なんでこんなにカッコいい言葉を使えるんだろう?」と。

そこで今日は、読書について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

本をたくさん読んだ人ってカッコいい。

tumblr_inline_o35obvynqQ1tlsrpr_540

そう、とにかく本をたくさん読んだ人と話すと、この人カッコいいなって思うんです。

僕はこれまでにあまり本を読んでいないので、
言葉の引き出しはおろか、アイデアの引き出しすら無い。
ホントにすごいな、とか、尊敬したいなって思ってしまいます。

特に思うのは現代文の時間。記述問題ってあるじゃないですか。
僕は結構アレが苦手で、上手くまとめられないんですよね。
言い換えだ!とか言われて、該当箇所を本文から見つけるトコまでは行けても、
それをどう制限文字数以内にまとめればいいのか、言葉が出てこない。

けど、それを上手にまとめる人がいるんですよね。
その人と話してみると、
やっぱり小学生とか中学生の時にたくさん読書をしていた、とか、
本が好き、とか、そういう人が圧倒的に多い。

結局、考えているアイデアがたくさんあっても、
人に伝えられなければ何も意味がないと思ってますから。

あの武井壮は中学生の時にソクラテスの本を読んでいた!?

ここで少し話をそらせてみたいと思います。

テスト勉強中に息抜きがてらにテレビの前に座った時に、
テレビで武井壮と坂上忍が対談するというNHKのBSの番組を見たんです。

その時に、武井壮がソクラテスについての本を中学生で呼んだエピソードを披露してました。
やっぱり、カッコいいなと思ってしまいました。

それからの彼自身のエピソードも紹介されていて、改めてカッコいいな、と。

久しぶりに尊敬できる人を見つけることができた気がしました。

武井壮さんの話はまだまだ書きたいことがあるので、またどこかで書きたいと思います。

だから僕は本を読みたい。

tumblr_inline_o35oe44vZz1tlsrpr_540

さて、ここで話を僕の話に戻しましょう。

僕は今年、受験生です。
そう、本を読んでいる暇なんてふつうは無い。

けど、読みたいんです。
読みたい衝動に駆られてるんです。
1日に1ページでもいい。
それは必ず僕の未来への投資になると信じているから。

本を読んだらこのブログでも紹介していきたいな、なんて。
オススメできる本と出合えたら、の話ですが。

今日は読書について考えてみました。
では、また。

スポンサーリンク
TAG :