【キャッシュレス還元】使うサービスによって還元方法が違う?使うカードは還元方法によって使い分けろ!

どーも、かとまさです。

夏休みはインターンやら帰省やらで、以前書いた株式投資にも没頭できず、気づいたら10月に入ってました。

さて、10月に入ってかなり話題となっているのが「消費増税」。

今回の増税はこれまでの増税と違って、軽減税率制度も導入されたため、何が8%で何が10%なのか分からなかったり、店舗側もシステムトラブル等が相次いだりと、様々な場所で波紋を呼んでいます。

そんな中、政府が消費低迷の防止策として打ち出したのが「キャッシュレス・消費者還元事業」!

僕自身、Twitterでも「増税したけど増税前より安く買い物できる!とか、「使えるお店がイマイチわからない」などのツイートを目にしました。

利用できるお店は、中小・小規模事業者のお店(5%還元)やフランチャイズチェーンの店舗、ガソリンスタンド(2%還元)となっており、キャッシュレス決済を利用した場合に還元されるという事業。

使えるお店は経済産業省の「キャッシュレス・消費者還元事業」のホームページから探すことができます。
お店を探すアプリも出ていて、インストールしておくと近くの還元対象店舗を調べることができます。

という感じでさらっとキャッシュレス還元事業について触れてみましたが、今回の記事で注目したいのは、決済に使うサービスによって還元方法が全く違う!ということなんです。

「ん?どういうこと?」と言われそうなのでもう少しかみ砕いて説明すると…。

Aというカードを使うと、還元分の5%はポイントとして戻ってくる。
一方、Bというカードを使うと、引き落としの際に引落金額から5%分の金額がマイナスされて引き落としが行われる。

といった感じです。

「いや、まだわかんない」って声が聞こえました。(笑)

Aというカードで支払うと、そのカードのポイントが5%分ついてくる。

一方、Bというカードで支払うと、支払いから5%値引きされる。

これ以上は僕の語彙力では噛み砕けません…。

つまり、使うカードや決済サービスで、ポイントで還元されたり、支払金額の値引きで還元されたりするという違いがあるのです。

この事業の名前自体が「キャッシュレス・ポイント還元事業」という名前だけに、ポイントだけだと思っていると、それは誤解かもしれません。

クレジットカードの多くは、利用分の引落時に対象のお買い物での還元分が相殺されるパターンが多いです。

一方で、交通系ICカードや、最近利用者が増加しているQRコード決済の多くはポイント付与という形での還元が多いです。

どちらも、すべてが引落時に相殺されるカード、などとくくることができないのが少しややこしいところ。

また、ポイント付与のパターンでもポイントがつくタイミングが違うので、「あれ、いつ5%分のポイントが付くの?」と思ってしまう人もいるかもしれないです。

交通系ICカードに関しては、事前にネット登録しておかないとポイントが付かない場合もあるので、いつまで経っても損している可能性が…。

それでは、ここからは僕が使ったり、周りの友人が使ったりしていて、結構普及しているのではないかと思われるキャッシュレス決済サービスが、どんな還元方法で、また、還元を受けるためにどんな準備が必要なのかを紹介していきます!

スポンサーリンク

キャッシュレスの定番 クレジットカード

キャッシュレス決済といえば、やはり最初に思いつくのがクレジットカード、という方も多いのではないでしょうか?

クレジットカードはカードの発行会社を見極めることが必要となってきます。

カードの裏面に書いてあるカード発行会社によって対応が違うので、表に「VISA」「JCB」と書いてあっても、そこだけでは還元方法を見分けることができません。

先にも書いた通り、クレジットカードは利用分の請求時に引き落とし額から還元率の分だけマイナスされた金額が引き落とされる「引落相殺」という方式が取られることが多いです。

そのため、ここでは少数派であるポイントで還元される主要カードを紹介します。

楽天カード

利用者が年々急上昇している楽天カード。カードの裏面に記されている発行会社は「楽天カード株式会社」。

楽天スーパーポイントが貯まり、通常の還元率も高いことから利用している方も多いカードではないでしょうか。

この楽天カードは「楽天スーパーポイント」の通常ポイントとして還元されます。

還元の上限は1か月15,000ポイントまでとなっています。ポイントが付与されるのは、カード利用月の翌々月の22日ごろとなっています。

詳細は楽天カード公式サイト内の特設ページをチェックしてみてください。

オリコカード

カードの裏面に記されている発行会社名は「株式会社オリエントコーポレーション」。

ポイント付与率がかなり高い「Orico Card THE POINT」を使っている方が多いかもしれません。

このオリコカードですが、還元方法は「オリコポイント」あるいは「提携カードの提携先ポイント」として還元されるようです。還元時期は利用月の翌々月にポイント付与されます。

「オリコポイント」の利用や残高確認には「オリコポイントゲートウェイ」というWEBサイトに登録する必要があるため、早い段階で登録しておいた方がよさそうです。

詳細はオリコカード公式サイト内の特設ページ内をチェックしてみてださい。

デビットカードはどうなるの?

支払いと同時に即座に銀行口座から引き落としが行われる「デビットカード」。

VISAやJCBのクレジットカードと同じような利用の方法ができたり、キャッシュカードに機能が付帯していたりするため、活用している人も多いのではないでしょうか。

デビットカードについては銀行口座に還元分が後日入金されるケースが多いようです。

還元時期などはカード発行会社によって異なるため、詳細はカードの発行会社や銀行などの公式サイトをチェックしてみてください。

交通系ICカードにはどう還元される?

都市圏だと使っている人が一番多いのではないかと思われる交通系ICカード。今では全国各地に様々な交通系電子マネーが存在しています。

その中でも東京で主に使われている2種類のカードはWEBサイトの登録がないとポイント還元が受けられません。

PASMO

PASMOはポイント還元を受けるためにWEBサイトでの登録が必要になります。

登録前のお買い物はポイント還元されないので、この記事を見た瞬間にでも会員登録するのがおすすめです!

還元方法はポイントとして1月、4月、7月の3回付与されますが、これは指定された場所でPASMOにチャージしないと利用できません。

少し手間に感じますね…。

会員登録や還元方法の詳細等は下のURLからアクセスしてチェックしてみてください。

Suica

Suicaでポイント還元を受けるためにもWEBサイトへの登録が必要です。

こちらはJRE POINTに登録しなければポイントが貯まりません。貯まったポイントは1ポイント1円としてSuicaへチャージすることができます。

また、Suicaでは10月1日から鉄道利用でもポイントが貯まるようになっています。こちらのポイントを貯めるのもJRE POINTへの登録が必要となっているようなので、取りこぼしがないように登録は早めの方がよさそうです。

僕が今使っているのはSuicaですが、鉄道利用でもポイントが貯まって、Suicaにチャージできるのはかなりお得だなと思ってます。

会員登録、還元方法などについての詳細は、下記のURLからチェックしてみてください。

QRコード決済の還元方法は?

最近話題のQRコード決済ですが、還元方法はほとんどポイントとして付与されます。

ただ、付与されるタイミングが、決済時に付与される場合や、利用月の翌月、利用日の翌週などとバラバラです。自分が使っているサービスの還元時期がどのタイミングなのかを調べておく必要がありそうです。

また、他の決済方法で目立っていた事前登録については、QRコード決済においてはあまり必要なさそうです。

ただし、NTTドコモが提供しているd払いなど、別のキャンペーンで+αのポイント還元を行っているサービスがあります。

d払いの場合は公式サイトから登録しておくと、期間中の利用金額の20%相当がdポイントで還元されるというキャンペーンが行われています。

各サービスの公式サイトで随時キャンペーンの案内などが告知されるので、注意しておく必要がありそうです。

通常時でも比較的ポイントの還元率が高いQRコード決済ですが、この機会にうまく活用すると、超高還元率の決済方法になりうるかもしれません。

恩恵をきちんと受けるためには決済方法のサイトをチェック!

主要なキャッシュレス決済方法のポイント還元について今回は紹介してきました。

増税前よりも安くお買い物ができるチャンスなので、なるべく損をしないようにしたいですよね。

還元を受けているつもりでも、登録をしていなかったために何も還元されていないという人もいるかもしれません。

ぜひ、この記事を読んだ後に、自分が使うキャッシュレスサービスのホームページをチェックして、きちんと準備してから買い物に出かけましょう!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*