【東京ぶらぶら】池袋散歩から都電で三ノ輪橋へ

こんにちは。

またまた更新が遅くなってしまいました、かとまさです。

さて、今回は久しぶりの東京ぶらぶらシリーズです。今回の散歩エリアは池袋。

池袋駅を出発し、都電雑司が谷駅を目指して散歩し、都電荒川線に乗って終点の三ノ輪橋まで行ってきました。

スポンサーリンク

まずは池袋駅から

今回の出発地点、池袋駅について簡単に紹介しましょう。

池袋駅に乗り入れている路線はJRの山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東武鉄道の東武東上線、西武鉄道の西武池袋線、地下鉄東京メトロの丸ノ内線、有楽町線、副都心線の計8路線です。

駅の構造は地下が東西自由通路になっているので、東西の行き来は新宿駅ほど複雑ではないですが、初めて来た人には色々と紛らわしい要素があります。

例えば、西武池袋線は池袋駅の東口で、東武東上線は池袋駅の西口という摩訶不思議な現象が起きてます。

東武鉄道 池袋駅西口
西武鉄道 池袋駅東口

この池袋最大の謎とも呼ばれる現象については、以前、NIKKEI STYLEで取り上げられていたので、興味がある方はそちらをご覧くださいませ。

池袋周辺をブラブラ

さて、池袋駅東口を出て少し歩くと、サンシャイン通りに入ります。

サンシャイン通りの突き当たりにはサンシャインシティがあります。かなりデカイ商業施設で、中には大小様々なショップだけでなく、映画館や水族館まで入っています。

今回はこのサンシャインシティには立ち寄らず、そのまま直進し、突き当たりの首都高沿いを歩いてみます。

東池袋の交差点まで来て振り返ると、高速道路の向こう側には帝京平成大学のキャンパスも見えます。このまま直進すると、人が住んでいそうな少し閑静なエリアに入ります。

歩道に区役所への案内表示があったので、この辺りに区役所があるのだと思い、そこを目指してみます。

かなり近くでした。笑

お、区役所だ。と思ったのも束の間。上を見てみると…

いやいやいや…。デカイって。しかもなんか地味に緑化されててキレイだし…。某T県庁なんかは比にならない、とかって言っちゃダメですかね笑

土曜日だし、用事もなかったので、中には入りませんでしたが、かなりキレイそうな区役所でした。

住宅街を進むと、東通りへ出ます。

東京だと小さな通りを1つ歩いてみても、道路の舗装がキレイだったり、歩道もしっかりと整備されていて、鳥取との差を実感してしまいます…。

この東通りを進むと、都電雑司ヶ谷駅に到着します。


初の都電荒川線乗車!

東京都内に現存する路面電車は2路線あります。都電荒川線と東急世田谷線です。

世田谷線は僕が日々利用している京王線の下高井戸駅と接続しているため、何回か利用したことがありますが、都電荒川線は今回が初めてでした。

東京さくらトラムという愛称がつけられており、毎年桜の時期になると沿線の桜がキレイに見れるらしいです。

今回乗車するのは都電雑司ケ谷駅から終点の三ノ輪橋駅で、所要時間は約50分です。

車内は空いているのかと思いきや、途中かなり混雑する区間もありました。(特に王子駅周辺とかだったかな…)

前方から運賃を払って乗車し、後ろから降りるというシステムで、混雑する区間だと、席が空いてるからといって座ってしまうと、なかなか簡単に降りれません。

ぼーっと外を見ながら50分、いよいよ三ノ輪橋に到着です。

三ノ輪橋駅周辺をブラブラ

都電荒川線の終点、三ノ輪橋駅です。

周辺は下町の住宅街っていう感じで、公園があったり、スーパーがあったりしました。また、少し歩くと東京メトロ日比谷線の三ノ輪駅もあります。

全く土地勘がないので、三ノ輪橋駅について少しググっていると、「鈴木酒販」という酒屋さんを見つけ、即直行。

酒屋の店内で少し飲める角打ちができる酒屋さんなのだとか。

店内に入ると、立ち飲みスペースが作られており、その日に飲めるお酒の種類が貼り出されていました。

ビールに関しての知識は少しありますが、日本酒に関してはほとんど無知。ということで、ここは思い切って店員さんにオススメを聞いてみました。

僕「何かオススメあります?」

店員「これまでに飲んだお酒でこれ良かったなと思うものはありますか?」

僕「いや〜、日本酒あまり飲まないんで分からなくて…」

店員「そうですか。では、フルーティーなものと、辛口なものだったらどちらが好みですか?」

僕「(おー、迷う…。でもここは初心者らしくフルーティーなもので…)フルーティーなものですかね。」

店員「ではコレですかね。」

といってオススメされたのがこちら。

山形県の楯の川酒造で造られた純米大吟醸の楯野川。ここでは一杯(90cc)350円で飲むことができます。

オススメ通り、一口飲むとフルーティーな香りが口の中いっぱいに広がります。まろやかな味わいがたまりませんでした。

おつまみのメニューも豊富で、じゃがバターやスルメなどのちょっとした料理と一緒に様々な種類の日本酒を楽しむことができます。

今回は池袋周辺から都電に乗り、終点三ノ輪橋周辺を散策しました。本当に思いつきのブラブラでしたが、下町の雰囲気を感じられる時間でした。

ふらっと立ち寄ったお店で日本酒を試すような年齢になってしまったのかと実感してます…。

前回は新宿西口で今回は池袋周辺。次回はどこへ行くのでしょうか?(全く決めてません笑)

ではまた〜

スポンサーリンク