第2回とっとりスタディキャラバンの募集が始まってるから第1回の様子をレポート!

どーも、かとまさです。

何ヶ月も更新の間隔が空いてしまいましたね…。

今回は僕が今年の3月に参加した「とっとりスタディキャラバン」の第2回がこの夏に行われるということで、第1回のハイライトを織り交ぜながらPRしてみたいと思います!

スポンサーリンク

参加した理由

鳥取でとてもお世話になっている(田川慶一郎さん)から誘っていただいて、スタディキャラバンに参加しました。

この誘っていただいた田川さんは、僕が高校2年ぐらいの頃からお世話になってる人です。鳥取愛が深いだけでなく、鳥取を面白くしたい、良くしたい、という夢や目標が面白いぐらいに実現に繋がっている、僕が知ってる最強のオトナの1人です。

鳥取を離れてちょうど1年ぐらいで鳥取を改めて巡ってみる。

鳥取には自然のアクティビティがたくさんある、みたいな良くある宣伝文句は鳥取に興味がある人に普通に言えるけど、体験したことがあるかと言われると、意外と体験したことがなかったり。

ちょうどいい機会だし、人気のファットバイクにも乗れるのか〜というミーハーな気分で参加することにしました。

山間部を見に行く

初日はあいにくの雨。猛暑日が続く最近だと考えられないような天候でした。

用瀬の「川のhotori」という古民家を改修したカフェからキャラバンがスタート。

このカフェ周辺では、地元の大学生がゲストハウスを運営していたり、消滅しかけていた和菓子「あんころ」を復活させるというプロジェクトが行われたりと、市街地から離れているものの、アツくなっている地域です。

僕は今回初めて「あんころ」を食べたのですが、餡で包まれているのに意外と見た目に反して軽い食べ応えで、何個でも行けそうな感じ。また、お茶も用瀬で栽培された茶葉から出したお茶で、あんころにピッタリでした。

午後は自然酵母にこだわった人気のパン屋さん「タルマーリー」を訪問したり、林業に取り組んでいる方のお話を聞いたりしました。

ここで内容を詳しく言うと次回参加の方の楽しみを奪っちゃうので詳しくは語りませんが…。


砂丘アクティビティを体験!

いよいよ待ちに待った砂丘アクティビティを体験できる2日目!

2つのグループに分かれて、カヤックファットバイクを交互に体験します。

僕が入った班は最初にカヤックを体験。今の時期だったら暑いから池に転落しても正直大丈夫な気もしますが、当時は少し肌寒い天気。落ちたら間違いなく風邪ひくよなーと思いつつ、カヤックに乗り込みます。

なんせ、バランスが悪い僕なんで、カヤックがずーっとフラフラしてます。マジでヒヤヒヤした〜。あまり運動してなかったんで、運動神経の悪さを久しぶりに痛感させられた…。

でも!僕以外はみんな楽しんでたんで、大抵の人は心配する必要ないですよ!!!汗

カヤックを終えると、次はファットバイク

ファットバイクといえば、各種ネットメディアやテレビでも取り上げられ、話題になっています。

(参考記事:「鳥取砂丘は「ウユニ塩湖」だった?絶景が撮れる季節を撮影者に聞く- IRORIO」https://irorio.jp/nagasawamaki/20170812/412622/

海岸へ出るまでの間には鳥取に住んでいてもなかなか見られない砂丘の姿を見ることができます。風が強かったですが、砂丘の自然な姿も見られます。

あいにくの天気ではありましたが、ウユニ塩湖っぽい写真も撮れました!

Tiger Mov 代表取締役 菊池さんを交えてガチの鳥取議論!

3日目には東京から海外インターンを手がける「Tiger Mov」の代表取締役を務める菊池恵理子さんが参加。まちなかのディープなスポットを菊池さんと一緒に巡ります。

上京するまで約18年過ごしてきた鳥取だけど、みんなが目をつけるポイントがそれぞれ違っていて、様々な鳥取の見方に触れられた気がします。

午後はこの3日間を通じて考えたことや次回のスタディキャラバンの方向性についてアウトプット。僕を誘ってくださった田川さんや菊池さんの前でプレゼンしました。

夜は地元の方々も参加可能な菊池さんの講演会とクロージングパーティ。久しぶりに会う方もたくさんいてとても楽しい夜になりました!

鳥取の絶品グルメも堪能!

4日目は、県外から来るお客さんも多い大江ノ郷自然牧場へ。ここでは絶品のパンケーキを食べます。

フワフワのパンケーキは絶品。パンケーキ自体の味がかなり濃厚なのに、そこに溶けたバターが染み込むとジュワっと…。(語彙力不足を痛感…)

その後、若桜エリア(山間部)を探索し、お昼ご飯へ。

この日のランチは豚重。古民家を改修した「ダイニンングカフェ 新」でいただきました。

メニューは、うな重ならぬ、豚重。厚めの豚バラに染み込んだタレとご飯の組み合わせが最高でした!ちなみに、豚重には豚汁もついてきて、豚づくしのランチです。




全体を終えて

鳥取は奥が深い!とこれまで何回も思ったことがありますが、このキャラバンでも改めて実感しました。

東京で生活していると、モノがあふれていて、不自由を感じることは基本的に無いです。でも、鳥取も不自由を感じることはほとんどなくて。むしろ、何もないって言いまくってる割には色々あるじゃん!っていう印象の振れ幅は東京より大きい気がします。

鳥取から上京して1年経ち、別に新しい何かが大きく動き出したわけでもないけど、いろんな発見がありました。鳥取にいる間にできなかったことも色々と体験できました。

話題のアクティビティが楽しめるだけではなく、同時に参加する同年代との繋がり、鳥取で生きるカッコイイ大人との繋がりなども深められました。

さて、第2回は!

このスタディキャラバン、第2回が今年9月に行われます!

日程は9月7日(金)〜9日(日)の3日間です。

今回の内容に目を通すと、より実践的な内容が含まれてるみたいです。新規事業の提案なんかもできるみたいですね。

今回のメインフィールドも鳥取市の中心市街地。参加対象も高校生から大学院生まで15名!

鳥取出身の人も、鳥取に住んでる人も、鳥取なんか行ったことないよという人も、必ず新しい発見があります。

今回もTiger Movの代表、菊池さんが参戦予定ということで、超ミクロな人口最小県鳥取を舞台に、超マクロな世界へアクセスする貴重な機会ともなっています。

僕みたいに美味しいもの食べれるんだ〜、とか、夏だし自然のアクティビティやって見たいな、とか思っているミーハーなノリでも大丈夫!

申し込みやキャラバンの詳細は下のリンクをチェックしてみてください。

https://www.facebook.com/events/1763311817118126/

 

 

スポンサーリンク